こんなに勤めるのに、何故痩せないのか?

僕は日雇いをかけもちして、一年中11期間、週間5くらいで働いています。自転車で通勤しているので、一年中1期間くらいこいでいます。朝めしは食べないか、ヨーグルトくらい、昼間は副食パンかスープなど、そして夜は冷凍の掛け蕎麦とか、カップラーメンとが多いのですが、これだと、一年中1000キロカロリーくらいなんですよね。スナックわ300キロカロリーくらい食べたとしても、1300キロカロリーくらい。おとな女性は一年中1500キロカロリーくらいが補充スタンダードなんですよね?それなのに、なぜ僕は痩せないのでしょう。偏っているとはいえ、カロリーは考え方よりも安いのです。実践は更にしていませんが、一年中に11期間の立ち販売と1時間程度の自転車運行、せめて内勤だけの顧客よりも出費カロリーは多いはずです。
それなのに、かえって太りました。何故でしょう。何一つ分かりません。
なので、野菜とか、タンパク質も本当に食べようかなと思っています。まずは豆腐サラダ、かな。
これでやせる筈、だ。恐らくは。

3歳の娘と夕食づくり 自分で作ると美味しい!

我が家には3歳の娘と0歳の息子がいます。
最近、娘がお昼寝をしなくなり、お昼ご飯を食べた後からなんとなく愚図りはじめます。
眠いなら寝たらいいのに、どうしてもお昼寝は拒否。
仕方がないので一緒に晩御飯をつくることにしました。
先日子ども用の包丁を買っていたので新しく開けて出してみるとびっくり。
全然食材が切れません。子どもが扱っても危なくないように歯がギザギザになっているのでスパッと食材も切れないんです。
色々試した結果、豆腐はいい感じに切れたのでお味噌汁を作ることに。
娘に「口に入る大きさにお豆腐切ってごらん」というと真剣な表情で豆腐を切っては眺め、自分の口をあけて入りそうか確かめていました。
最後にお味噌も溶かし、私の言うことを真似して一丁前に「うーん、もうちょっとお味噌かなぁ」なんて言いながら何度も味見をしてようやく完成。
夕飯時、娘と食べながら「お味噌汁すっごい美味しい!!今度からお味噌汁作るのは○○にお願いしようかなー」と褒めまくりました。
すると、娘もいつもは少し残すのにこの日は一番にお味噌汁を完食。
「私お味噌汁上手だから、また私がお味噌溶いてあげるね」と自慢げに言っていました。
元々娘は食べることが好きなので特に食事面で困ったことはありませんでしたが、今後もし嫌いな食材が出てきても、一緒にご飯を作って克服できそうだなーと感じました。

突然友達が尋ねて来るのは戸惑うけど嬉しいものだ

最近近所に住んでいる友達が連絡もなしにいきなり家を訪ねて来ることが多いです。
それは別にいいのですが、私は体調があまり良くない状態が続いているので本当であれば連絡を貰ってから来てくれたら嬉しいなというのが本音です。
外で立ったままの状態で会話しているのもしんどいですし、本当ならば体調が万全な時に会ってお喋りすることが一番だと思っています。
そういう時はいつも長い会話をするわけではないのですが、短い会話だけでも話すことが出来るのは嬉しいものですね。
連絡を入れてから来て欲しいという気持ちはあったものの、顔を直接見て話すことが出来るのはありがたいことです 。
彼女 はよく私の家に来てくれるのですが、私は彼女の家には全然行きません。
行くまでには急な階段を使わなければならないので体が不自由な私にとってはしんどいです。
遠回りして別のルートで行こうかとも考えていますがそれはそれで面倒くさいことになりそうです。
階段ではなくて車椅子とかも通ることが出来るようなスロープを作って欲しいですね。
多くの高齢者も助かると思います。

人の運転する車の助手席は意外と怖いものだったりする

先日、久しぶりに母親の運転する車で買い物に出かけたのですが、結構助手席に座っているのが怖かったです。
母親も普段から自分の車を運転しているので、母親の運転する車に乗るのはかなり久しぶりです。
母親と出かけるときには、いつも私が運転をするのですが、この前はいろいろと寄りたいところがあるとのことでした。
人によってブレーキをかけるタイミングとか、車間の距離の取り方は違ったりしますよね。
母親の運転は、私が運転するよりもアクセルを離すタイミングが遅く、ブレーキも急になりがちです。
また、前の車との車間もわりと狭いので、信号で止まるたびにハラハラしてしまいました。
何事もなく無事に帰ってこれたので良かったものの、なるべく自分でハンドルを握ろうと思いました。
母親よりも私の方が安全運転しているのではないかなという気がしてはいます。
でも、もしかしたら、母親も普段の私の運転を見て、同じようなことを思っているのかもしれません。

風が強いけど歩いてお友達のお家に行って来ました。

今は在宅ワークをしているので午前中に子供は1人で遊ばせて仕事を少しして、お昼前から歩いて20分のお友達のお家に行ってきました。
行くのは半年ぶりで久々です。
2人とも子供の月齢が同じくらいで仲良くしてもらっています。
行ったらすぐにお昼ごはん。子供は2人とも立って食べました。
私たちは適当にごはんと紅茶。前におじゃました時もいろんなホットの飲み物がありましたが今日も迷うくらいありました。
お友達とお話ししながら子供たちは自由に遊んでいました。
男の子と女の子では遊び方が違うなと思いました。
お友達が絵本を子供に読んでましたが、動物の名前の英語の発音がきれいでびっくりしました。絵本の読み聞かせも上手でプロの人かなと思うほど。きっと子供は感受性豊かになるのかなと思いました。友達の子供も絵本が好きみたいでお母さんに渡してました。
なかなかお友達のお家に行くことないので新鮮ですし、子供も知らないとこですし知らないおもちゃもあり楽しんでました。http://xn--n8jvk0a0rvb0271c8fev5a914b.xyz/kao.html

もう心配で心配で胴が痛くていかんせん。

明日から真新しい祖語とか始まります。

今から緊張して緊張して仕方ないだ(´・ω・`)

約数か月も新しい仕事を探し続けてやっと出会えました。

月収、重宝厚生、新無日にちの3時揃った祖ごとに出会うのって難しいですよね。

私もこういう3場所を譲歩できなくて数か月間もかかってしまいました。

私は成果、月収を譲歩しました。

何だかフルタイムでルーティンワークができない結果その時点で結構就労が限られてしまう。

明日からルーティンワークの就労は、勤務時間は私の都合を聞いてくださいました。

…もともとは私の望み勤務し距離の異動なんてないのです。

私の望みを聞いてくださっただけでも謝意サンキュー。

本音を言うと、「しばし月収が高ければ…。交通費が出れば…」
とも思いますが、希望の勤務時間を聞いてくださったのでもっとくらえます。

それにしても新しい職場に行きは緊張しますね。

私はウィーク事前くらいから圧力で胴が痛かっただ笑。

前務めていた職場が仕事場背景がとっても私に合っていたので今が合うかどうか心配で心配で。

お何事も新たにやるときは勇気がいりますよね。早く就労を覚えて馴染めるみたい頑張ります!http://www.vladimirlinencommunist.com/

昨日の日常と一日の出来事をまとめてみました。

 昨日は、朝起きてからまずは、いつもの運動用ウェアに着替えてウォーキング、ストレッチをしました。しっかり汗を掻いて準備を整えました。同僚から朝メールが来ていて今週の土曜日手伝いよろしくと来ていたのでまあその為の準備です。それが終わったら午前中は、面接が2次面接があったのでスーツに着替えていきました。結果は採用になりました。まあ無理もなく簡単な作業内容ですので問題ないと思っています。ただ、難点なのは、少し給料が安いことです。それと健康診断を受けてから本採用になるらしいので明日も面接が午後からあるので場合によっては昨日受けた場所は辞退しようと思っています。健康診断となると少し気になることがあって引っ掛かってしまうかなと思うので多分関係ないと思いますが、色々と心当たりがあってです。結構、面倒くさいのとか嫌いな正確です自分、それに給料が安いのに健康診断を自分で受けるとなると料金自分持ちですなら明日の面接を受けるところ次第にしようと思っています。午後は、図書館へ行こうと決めてたので少し時間がある間にまたウェアに着替えてストレッチしたりして汗を流しました。

先日、山口県萩市へ行ってきました。とても楽しい旅でした。

先日、山口県萩市へ行きました。家族でクルマに乗って、行ってきました。
皆さん、御存知の通り、山口県萩市は、明治維新の際、多くの優秀な人達を世に送り込みました。
今も、松下村塾という若い人達が学んだ場所が残っていて、多くの人達が見に来られていました。
歴史好きな人が多いことがよくわかりました。
あと、萩市の海はとても美しいです。突き抜けた青がとても素晴らしいのです。
もし、萩市へ行く機会があれば、萩市の海をお楽しみになってください。
きっと、見た人のこころが癒されること間違いありません。
また、旅行に行きたいと思っています。実際、次の国内旅行について、計画をたてているところです。
私達は来年になったら、四国へ行くのもイイねと考えています。(鬼が笑うでしょう…気が早すぎです…)
旅行に行く希望を持つことで、元気を出せそうに思います。
国内旅行について、色々書きましたが、いつか海外へ、できれば長期旅行に行くことが私の夢です。
行くとすると、ヨーロッパが良いなぁとひそかに思っています。

ひょっこり我が家に現れたセミ。昔を思い出しました。

我が家はマンションの上階に位置するのですが、昨日、珍しくベランダにセミがやってきました。
夕刻のあるときから、やけに近くでセミの鳴き声がすると思ったら、夜になり網戸に張り付いているセミを発見したのです。
さて、虫が苦手な私はセミをつかんでどこかに逃がしてやることもできず、そのままにしていたのですが、朝になるとセミの姿が見えなくなっていたのできっとどこかに飛んで行ったのでしょう。
街路樹などが少なく、あちこちのマンションの壁などにセミがくっついているのをよく見かけますが、行き場のないセミがついに我が家にもやってきたか〜、と思いました。
私が育った地域は田舎なので、木々が溢れていて、夏になるとセミの大合唱がうるさいほどでした。
よく洗濯ものにくっついて家の中に入ってきたり、夕食のときなどにうっかり窓を開けていると入り込んできて、家族中がパニックになったりしたものです。
そんな地域も、最近はめっきりセミの声が少なくなったと聞いています。
昨日久々に見たセミの姿を見て、ふと子供のころの実家の様子などを懐かしく思い出しました。

今日は、久しぶりにファミコンがやりたくなり、ファミコン互換機を購入しました。

きょうは、妻と喋っていて、ファミコンのゲームがしたいと思い、
ファミコンの互換機を購入しました。
カセットはスーパーマリオを購入しました。
30年ぶりにプレイしたのですが、子供の時は、どんどん行けたのですが、
ぜんぜんダメでした。
年をとり、反射神経も鈍っているし、コントローラー自体も別物を触って
いる感じでした。
妻は、久しぶりにしては、結構、進みました。
出てくるキャラが面白くて、ブツブツ言いながら、遊んでいました。
もう、あれから30年たったとは、思いもしませんでした。
あの頃は、本当にファミコンが1家に1台くらいあったもので、どの家に
遊びに行っても、まずはファミコンでした。 
今のゲームは正直、リアルなので、やる気がしないです。
スーパーファミコンが一番ゲームでも良い時代だと思いました。
プレステも購入しましたが、結局、すぐに飽きました。
もう一度、スーパーファミコンの時代がやってくると面白いのですが、
ゲーム業界でも、リアルさが求められているので、残念です。