大陸間隔思考の要所について勉強していました

大陸キロ定理について授業しました。欧州を中心にしたナショナリズムマップを見ると、大西洋をはさんです両側の海岸線がきちんと馴染むことに気付きます。1912時代に大陸キロ定理を唱えたウェゲナーも、このことをもとに考えついたといわれています。ウェゲナー(1880〜1930時代)は、大昔には世界中の大陸が一切ひとかたまりになっていたと主張し、こういう予測の大陸を「パンゲア」と名づけました。亭主は、氷河の痕跡の分布やアニマルの化石の同様性など、さまざまなものを道理として指し示しました。しかし、大陸を移すほどの刺激については十分な注記ができず、当時の学者たちに支持されなかったそうです。1950年齢になると地球の磁気の観察が進み、その結果から大陸キロ定理が見直されるようになりました。また、第2次回ナショナリズム大戦中に軍事目的で海底を見る能力が発達すると、海洋下増殖定理が助言されました。その定理に因ると、マントル一部のものが海嶺でわき上がって初々しい海底がひろがり、海溝から再びマントルにもどるのです。こういうシーン、海嶺の両側の大陸に意識すれば、やけに大陸キロだ。勉強して良かったです。お金借りる 低金利

目下、鶏ムネ肉を使ったディナーにハマってある!

僕は昔から大してお肉が好きではありません。
脂身の多いお肉や鶏肉の皮などが嫌いで、うちでもいまひとつお肉を食べなかったのですが、彼氏はお肉が大好きなので飯台にはしょっちゅう肉ディナーを示すようにしています。
そんな僕は最近鶏ムネ肉にハマっています。
安っぽい場合大量に購入し、買ってたちまち削ぎ切りにして塩分麹に漬けておくと、1ウィークほどで相当ジューシーになり甘味も盛り込み臭みも消え去り必ず上手くなります。
ムネ肉は脂身も少なく、私も好きで最近はムネ肉を使ったディナーばかり作っています。
短いし経済的ですよね。
どんどん、ムネ肉の皮は切り干し大根などの煮物の旨みにも使えるので正に便利です。
しかし、このところ鶏ムネ肉を使った肉ディナーばかりつくっているので彼氏には物足りないようです。
たまにはモモ肉や豚バラなど脂身の多いお肉も食べたいと指摘されてしまいました(笑)
確かにそうなぁと悔悛し、きょう買物に出掛けて豚肉や牛肉を見ていたのですが、鶏ムネ肉がまた売り出ししていたのでつい手に取ってしまいました…。
当分また鶏ムネ肉のディナーが手広く飯台に出てしまう(笑)カードローン 審査 アルバイト