憧れの取引。もし我々にテクノロジーがあったなら。

仮に自分に器量があるのなら望む稼業は、「書物お家」か「コラムニスト」だ。好きなタイプの美術家さんは、角田光代さん、津村記久子さん、東野圭吾さん、北大路公子さんだ。角田さんの色んな風貌をあげる文体が好きですし、津村さんのお仕事書物は、てんでわが事態のように心地移入して、読みふけってしまう。東野さんの推論書物はお笑い性抜群で楽しいしかっこいい。北大路さんの文才には必ず驚かされます。郵便であそこまで笑わせられる第三者は、そういないでしょう。それから、わたしが仮にその稼業でやっていけても、出来るなら覆面美術家でやっていきたいですね。テレビやラジオにふ参列されて、たくさん健闘達する美術家さんもいらっしゃいますが、わたしはそうゆうことには不得意だろうし、顔を出すのもいたたまれないので(笑)。わたしは沢山の書籍を読んで、どしどし楽しませてもらっています。それと同じ様に、自分の書いた郵便で誰かが楽しんでくれたら、こうした幸せな事はないと思います。http://www.sepfi.org/

火成岩のことや二酸化ケイ素などに関しまして実習

火山に関して訓練をしました。マグマの中で鉱物がクリスタルする(晶出始める)こと、各鉱物の外形はクリスタルが十分発展できればクリスタル箇所で囲まれた自形状となります。ただし、たくさんの鉱物が共々クリスタルしたり、他の鉱物のすきまを埋めてクリスタルするような場合には、クリスタル箇所で囲まれた形状になることはできません。そういう形状を他形状といいます。鉱物の自形状や他形状に注目すれば、マグマの中での鉱物のできたプロセスをある程度推定することができます。火成岩はその構造の違いや、化学組成・鉱物組成の違いにより分類されます。岩石の化学組成は、一般に酸化物質の質量百分比で表されます。岩石中に何より数多く含まれているのは二酸化ケイ素だ。火成岩は二酸化ケイ素のボリュームを通じて、その多い物品からより酸性岩(珪長素材岩)・中性岩・塩基性岩(苦鉄素材岩)・超塩基性岩(超苦鉄素材岩)に区分されていらっしゃる。二酸化ケイ素のボリュームや他の酸化物質の組成は、鉱組成を通じて異なります。どうしても勉強になりました。http://www.feedback-bg.org/