真面目に不真面目なことをしている電気グルーヴ

最近、TBS系で放送しているドラマの陸王にピエール瀧さんが出演しています。
少し前になるがNHKの朝ドラに出演していたり、北野武監督のアウトレイジに出演したりと、俳優としての存在感を発揮していますよね。
しかし、私にとっては、俳優のイメージよりも、ミュージシャンとしてのイメージが強いのです。
なので、どんなドラマに出ようと、どんな役柄を演じようと、ピエール瀧さんといえば電気グルーヴなのです。
でも、残念ながら音楽ユニットとしての電気グルーヴの活躍を知る人はそれほど多くない気がします。
電気グルーヴは、確かに万人に好かれるようなポピュラリティや音楽性を持っているとは言えないかもしれません。
聞く人によって好き嫌いが分かれるような音楽だと思うし、どちらかというと「好きな人は好き」という感じなのではないかと思っています。
でも、不真面目なことを大真面目にやってしまうスタンスや度胸というのは、だれにでもできることではないと思っています。
なので、役者さんとして顔だけでなく、ミュージシャンとしてのピエール瀧にももっと注目が集まって欲しいと願っています。脱毛サロン 比較