永六輔氏の落命って「仰げば尊し」の記念

永六輔氏の訃報に接した状態、私の胸に最初に去来したのは「これで『おじさん御三家』の三人類が一切逝ってしまったなぁ」という感慨だった。ただしとことん考えれば、野坂昭如氏、小沢昭一氏ってトリオを組んでテレビ参加したり武道館でパフォーマンスをしたりといったことは、永氏の生前の行動の中ではごく一部を占めるに過ぎないものだったに違いない。実際にこちらは、それ以前にも「上記を向いて歩こう」に代表されるような中村八大氏とのコンビによる数々のヒット曲で永氏の作品には親しんでいたし、小学校だったあたりの私の物覚えの中では、当時の人前の風向きって永氏の品行は分かちがたく結び付いていたのである。よって、高校生を卒業して浪人インナーだったこちらには、「おじさん御三家」の公演は永氏との再会という中身が強かった。そういうこちらが永氏のゼミに出席したのは、1990時期の後半にアメリカの駐在員を通じていた状態だった。シカゴに突撃やる日系点で構成されているシカゴ全国商工ミーティング所は、年頃に一時全国から大物を招待してゼミを行なっていた。6年間の投宿歳月のうちいつの行為だったか私の物覚えが定かではないが、永氏がエキスパートとしてそのゼミに招かれた年頃があったのだ。無論、永氏のことだからはなしの内容も面白かったが、訊くヒューマンを惹き込んでいくような巧みな話法にこちらは全く感心してしまったことを覚えている。そうして、こちらにおいてひときわきつく外見におけるのは、プレゼンテーションの締め括りとして「皆さんで起立して『仰げば尊し』を歌いましょう」と永氏に促されるままに、あなたが皆さんで「仰げば尊し」を歌ったことである。全国から遠く離れた外国のフィールドで伴奏無しに斉唱されたその歌は、なぜか私たちの心に漏れるように響いたのである。こちらはそのとき神経が浄化されたように感じた。すぐ に お金 が 必要