憧れの取引。もし我々にテクノロジーがあったなら。

仮に自分に器量があるのなら望む稼業は、「書物お家」か「コラムニスト」だ。好きなタイプの美術家さんは、角田光代さん、津村記久子さん、東野圭吾さん、北大路公子さんだ。角田さんの色んな風貌をあげる文体が好きですし、津村さんのお仕事書物は、てんでわが事態のように心地移入して、読みふけってしまう。東野さんの推論書物はお笑い性抜群で楽しいしかっこいい。北大路さんの文才には必ず驚かされます。郵便であそこまで笑わせられる第三者は、そういないでしょう。それから、わたしが仮にその稼業でやっていけても、出来るなら覆面美術家でやっていきたいですね。テレビやラジオにふ参列されて、たくさん健闘達する美術家さんもいらっしゃいますが、わたしはそうゆうことには不得意だろうし、顔を出すのもいたたまれないので(笑)。わたしは沢山の書籍を読んで、どしどし楽しませてもらっています。それと同じ様に、自分の書いた郵便で誰かが楽しんでくれたら、こうした幸せな事はないと思います。http://www.sepfi.org/