大陸間隔思考の要所について勉強していました

大陸キロ定理について授業しました。欧州を中心にしたナショナリズムマップを見ると、大西洋をはさんです両側の海岸線がきちんと馴染むことに気付きます。1912時代に大陸キロ定理を唱えたウェゲナーも、このことをもとに考えついたといわれています。ウェゲナー(1880〜1930時代)は、大昔には世界中の大陸が一切ひとかたまりになっていたと主張し、こういう予測の大陸を「パンゲア」と名づけました。亭主は、氷河の痕跡の分布やアニマルの化石の同様性など、さまざまなものを道理として指し示しました。しかし、大陸を移すほどの刺激については十分な注記ができず、当時の学者たちに支持されなかったそうです。1950年齢になると地球の磁気の観察が進み、その結果から大陸キロ定理が見直されるようになりました。また、第2次回ナショナリズム大戦中に軍事目的で海底を見る能力が発達すると、海洋下増殖定理が助言されました。その定理に因ると、マントル一部のものが海嶺でわき上がって初々しい海底がひろがり、海溝から再びマントルにもどるのです。こういうシーン、海嶺の両側の大陸に意識すれば、やけに大陸キロだ。勉強して良かったです。お金借りる 低金利