四字熟語の天真爛漫と一期一会などの話をします

世の中に、四字熟語というものもあって四文字で形成される別名ことわざという風にも言われるらしいのですが、そういうものもあります。天真爛漫とは、気取らず飾らずあるがままでなどという意味らしいです。心が素直などもあるらしいです。つまり汚れたりひねくれたりしていない心を意味するのだと思います。自然な形であるものとしているらしいです。人の心は、傷ついたりしてしまうと、どうしても思う事を言葉にしにくいなどの人も世間には中にはいるらしいです。それはそれで困るのかもしれませんが、自分がどちらかというと正直に言う方なので、そう思うのかもしれません。一期一会については、茶堂において亭主または客などに対し、お互いになのか誠意を持ち、礼儀正しく振舞うような感じを意味するらしいのであるのであります。出来る人間ほど礼儀正しいなどの場合が多いことも、自分が生きてきた人生の中で教わりそういう人には感謝しています。そういう人は自分に厳しい人です。